教員・スタッフ
教授 : 南 直治郎 /Prof. : MINAMI, Naojiro
主な研究テーマ: 哺乳類の初期発生と遺伝子発現に関する研究
         -胚性ゲノムの活性化はどうして起こるのか?-
         エピジェネティック制御と胚発生
         -卵母細胞特異的遺伝子Oog1は何をしているのか?-
         個人ページ


准教授 : 池田 俊太郎 / Assoc. prof. : IKEDA, Shuntaro
主な研究テーマ: 哺乳類の初期胚を取り巻く環境が発生に及ぼす影響に関する研究
         -初期胚のDOHaD
         -ウシのエピジェネティクス
         個人ページ(現在作成中)


助教 : 本多 慎之介 / Assistant. prof. : HONDA, Shinnosuke
主な研究テーマ: 哺乳動物初期胚で発現する内在性レトロウイルス(ERV)の研究
         -哺乳類の進化とERV
         -ERV由来キメラ転写産物
         個人ページ(現在作成中)


秘書 : 西尾 知代 / Secreatry : NISHIO, Tomoyo



学生
                                                                  
学年 名前 研究テーマ
《大学院博士後期課程》
D2 山本 琢人
(YAMAMOTO, Takuto)
母性因子と胚性因子による初期胚の発生と
分化制御機構の解明
曾 毅仁
(ZENG, yiren)
ウシ受精卵の発生に関与するエピジェネティクス
D1 劉 丹
(LIU, Dan)
マウス初期胚発生におけるnon-coding RNAの解析
《大学院修士課程》
M2 坂田 将弘
(SAKATA, Masahiro)
Tet-onシステムを利用した雌雄の産み分けに関する研究
須佐見 和生
(SUSAMU, Kazuki)
ウシ体外受精卵正常性判定のためのエピゲノム解析
王 晧雪
(WANG, Haoxue)
マウス初期胚発生におけるMYC遺伝子の機能解析
M1 増子 聖士
(MASHIKO, Satoshi)
卵巣特異的遺伝子Oog1の解析
マウス初期胚での内在性レトロウイルスに関する研究
服部 佳乃子
(HATTORI, Kanoko)
ウシ胎盤の全ゲノムヒストン修飾情報の収集と
データベース化
《学部生》
B4 佐藤 桂
(SATO, Kei)
マウス初期胚発生におけるヒストンアルギニンメチル化に関する研究
鈴木 結莉子
(SUZUKI, Yuriko)
マウス卵母細胞における新規母性効果遺伝子の探求