研究室の紹介

研究室について

 当研究室では、ほ乳動物の精子や卵子の形成、受精卵の発生や分化、体細胞からのiPS細胞の樹立など、生殖に関連する幅広い研究を行っています。
 
歴史
明治30年(1897年)6月18日に京都帝国大学設置の旨が公布
大学設置に遅れること26年、大正12年(1923年)農学部設置
農学部設置に遅れること15年、昭和13年(1938年)畜産学講座設置
昭和31年(1956年)に畜産学第二講座(当研究室の前身)が増設
昭和47年(1972年)畜産学科設置(家畜育種学講座、家畜繁殖学講座:当研究室の前身、家畜栄養学講座、家畜生体機構学講座)

数回の改組を経て、平成9年(1997年)動物生殖生理学分野、平成15年(2003年)生殖生物学分野と改名し、現在に至る。

京都大学農学部の歴史は
http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/overview/history/を参照してください。
   

卒業生の進路

令和3年(大学院):大学院博士課程進学、大日本住友製薬(株)
     (学部):大学院修士課程進学、(株)オースビー
令和2年(大学院):大学院博士課程進学(理研)、(株)良品計画、(株)明治、
          シオノギテクノアドバンスリサーチ(株)、(株)三井住友銀行
     (学部):大学院修士課程進学
平成31年(大学院):大学院博士課程進学、(株)デンソー、日本エア・リキード(株)
     (学部):大学院修士課程進学、(株)学研ホールディングス
平成30年(大学院):理化学研究所バイオリソースセンター、九州大学大学院医学研究科博士課程
     (学部):大学院修士課程進学
平成29年(大学院):農林水産省、日本ピュアフード(株)、大宮開成高等学校
     (学部):大学院修士課程進学
平成28年(大学院):フランス国立医学衛生研究所(ポスドク)、(株)資生堂、沢井製薬(株)
          (株)ビズリーチ
     (学部):大学院修士課程進学
平成27年(大学院):理化学研究所(ポスドク)、小野薬品工業(株)、関西テレビ放送(株)
          アサヒビール(株)、(株)オネスト、(株)サイバーエージェント
     (学部):大学院修士課程進学
平成26年(大学院):(株)明治、第一三共(株)、(株)ヤッホーブルーイング、博士課程進学
     (学部):大学院修士課程進学

年間行事

 4月:新歓花見
 5月:動物系ソフトボール大会
 6月:
 7月:SSR(San Jose、CA、USA)、前期打ち上げ (ビアガーデン)
 8月:ARBC(Nakhon Ratchasima、Thailand)、日本胚移植技術研究会(近畿大学)、海旅行、    大学院入試・打ち上げ
 9月:繁殖生物学会(北海道大学)、日本畜産学会(岩手大学)
10月:四明会ソフトボール大会
11月:日本生殖医学会(神戸国際会議場)、11月祭
12月:日本分子生物学会(福岡)、大掃除、忘年会
 1月:IETS(New York、NY、USA)、新年会
 2月:修論・卒論発表会
 3月:追いコン、はくび会総会・送別会、日本畜産学会(京都大学)

研究室の写真